GCOX(ジーコーエックス)/ACMはマニーパッキャオ/マイケルオーウェンが広告塔?今年の大本命でしょ?

今回ご紹介するのは、GCOX(ACM)という通貨で現在プライベートセール中です。

僕としては、今年の大本命かと感じたので3ETHばかり突っ込みました。
(動かせる通貨不足..)

では何が凄いかってのを解説していきます。

最近は定番になって来ましたが百聞は一見にしかず。

こちらの動画から御覧下さい。(1分ちょいです)
※カッコイイ動画なんで見て頂くとイメージがぐっと掴めます。

マニーパッキャオが広告塔?

マニーパッキャオと言えば、伝説のメイウェザーVSマニーパッキャオ戦。

当時NEWSやメディアに散々出ていたので、格闘技を観ない人も名前ぐらいは聞いた事あるかな。

ちなみに上記の伝説の一戦はプラチナムチケットとなり、1日で150憶円稼ぐ男としての異名も手にしました。

そんなマニーパッキャオが広告塔としてGCOXへ参戦しています。

広告塔としての著名人を見てみると、最近ではSpindleのGACKT氏やSIRINのMessiなどが記憶に新しいですね。

SPINDLEは悪い噂が多いですが、実際に行われたICOでかなりの金額を調達しています。

SIRINは言わずもがな優良銘柄で仮想通貨のランキングでも169位。時価総額も77億円と日本企業で言えばGEO等と同じ程度の売り上げ高です。

こういった著名人が仮想通貨に参入してくる年とも言えるのですが、それの最たる銘柄がGCOX(ジーコーエックス)になるのかなと思っています。

GCOX(ジーコーエックス)って何?

いつも通り難しい事を差っ引いてめちゃくちゃ簡単に説明すると

世界中のセレブが自分のTokenを発行し売買が出来る総合管理Platformです。

通貨名 GCOX
暗号略号 ACCLAIM/ACM
発行枚数 20憶枚

根本的な技術等は後で記載しますが、実際に実現されたら何が出来るのか?を下記に連ねます。

◇ セレブや著名人が来ていた衣服や靴などを購入する事が出来る

◇ 著名人が作った通貨で商品やサービスが購入出来るようになる
(恐らく著名人が噛んでいるブランド等の決済に使うと思われる)

◇ セーフティトークを利用して誕生日祝いのメールを貰えたり、個人的なパーティに招待して1曲披露して貰ったり
(著名人発行のトークンの保有数に応じて優待が作られる予定※VALUのような感覚か)

◇ ライブストリーミングのセッションを購入したり
(著名人発行のトークンを決済に使用)

◇ 著名人の時価総額を可視化しているサービスの為、推している好きな著名人を直接的に応援出来る 

と上記のように、トークンを発行する事により可能なマーケティングやサービスの大元に著名人が来ると考えるとどうでしょう?

例えばEXILEのトークンが発行されたら?ジャニーズシリーズのトークンが発行されたら?北島さぶちゃんのトークンが発行されたら?AKB48のトークンが発行されたら?どうでしょうか

今までは、想像は出来ても実際にこの世界に起こりえるとは「想像しがたい物」でしたが、GCOXにより十分に「あり得る」範囲に入ってきます。

僕らは誰もが目にするマーケットから好きな物をチョイスし、その”好き”に投資とは別の浪費を行うと思います。

今までの仮想通貨は「投資/投機」のマネーが非常に多かったというかほぼそうだと言っても過言ではありませんが、「浪費」マネーが入ってくる事で格段に仮想通貨自体のマーケットは拡大されます。

DAPPSの快進撃が目に新しいですが、アレもいわゆる一種の「浪費」

サービスに対する(”好き/面白い”)に対する対価としてマネーを流入させるようになったきっかけですよね。

例えば
音楽や漫画、書籍、講演会など”自分自身が好き/面白い”と感じる物には見返りを求めず資金を使う傾向にあります。逆に言えば、普段生活のお金以上に稼いでいる(節制する)のはこういう風に好きな事を我慢せずにとことん追求する為だとも言えます。

そこのプラットフォームにGCOXが来る訳ですね。

これは大きな可能性を持つプラットフォームで、何もセレブ/著名人だけでなく大手のブランド等に採用されていく場合、例えばシャネルが自社トークンをGCOXで発行。そのGCOX発行トークンを保有で優待があれば、それは株式の代わりとなり国の枠組みを取っ払って全世界中で簡単に優待を手にしたり、好きなブランドの自社トークンを保有する事が出来ます。

僕が想像する上記の未来予想図は氷河の一角であって、もっと素敵な事が出来る底力がGCOXにはあります。

GCOXの投機としての可能性

まず注目したいのが「セレブ」にターゲットを置いている所です。

僕らが1万円使うのを渋る所、セレブは1億使うのを渋る感覚ですよね。控えめに言って。

例えば・・
日本のセレブで知られるデヴィ婦人も1億7千万の横領を”気付かなかった”と言っていましたね。これが1万7千円ぐらいなら「あれ、使ったっけ?まぁいいか」となりますが、その程度のお金なんですよね。セレブにとっては

投機を初めて、仮想通貨を初めて、資産を多く持った方は分かって頂けると思うんですが、お金持ちの周りはお金持ちばっかりなんですよね。

当然セレブの周りには、同じ生活レベルでないと共に居ても楽しめない為同じ生活レベルの方がわんさか集まっています。

マニー・パッキャオが広告塔して、第二のトークン発行者としてマイケルオーウェン(レアルマドリードマンチェスターユナイテッド等で活躍、バロンドール受賞)が公式に発表されましたが、彼ら二人の総資産だけで適当な仮想通貨は既に抜く程の資産力はゆうにありますね。

その周りや、日本風に言うとその後輩達も相当な著名人であると共に資産家。

日本のゴシップを見てても分かる通り、ボクサーがボクサーとだけつるんでる訳じゃなくて魔裟斗とKIDと窪塚と般若が仲良かったり、少し考えれば分かりますが価値観が合う、同じ楽しみを共有出来るだけの資産があれば職業の垣根を越えて繋がりがあるフィールドが”芸能界”です。

具体的に考えてみます。

これまた控えめに試算して1セレブ100億集めたとして20名で2000億、こういう背景の仮想通貨が取引所に上場してたらどうでしょうか?

セレブにPUMPの感覚はないと思いますが、1セレブ参入する度にPUMP並みの威力を発揮すると思います。
(セレブの取引所アフィを踏めたらそれだけで脱サラします)

先に書いたように、有名なセレブから始まり、中堅セレブ、そこから派生して様々な資産家に爆発的に広がるポテンシャルがあります。
(先に書いたように、結婚した相手や商談先に始まり様々な資産家との繋がりが大いに期待できます)

いわゆるセレブや著名人というのは、枠にハマらないカリスマ達な訳なのでこういったプラットフォームを使ってどんな楽しい事をしてくれるのかにも興味が湧きます。特に海外のセレブや著名人はセンスの良いクレイジーな所業をぶちかますので期待ですね。

現在はマイケルオーウェンまでに留まっていますが、各業界から現在、ハリウッドスターやアーティスト、スポーツ選手など世界中のセレブが「コインを作りたい!」とこぞって志願し、面接待ちの状態です。

続々と発表があると思いますので、発表があり次第更新していこうと思います。

GCOX(ACM)の仕組み

GCOXでは取引所(セレブ発行トークンの総合管理プラットフォーム)で使う通貨をACM(アクレイム)と言います。

バイナンスのBNBみたいな物ですが、ACMはセレブリティトークンと法定通貨とのやり取りの間に挟まりACM無しでは取引出来ない形と取ります。

勿論取引には手数料がありますので、手数料による収益やPOSからのボーナス(エアードロップ)の配布もシステムに組み込む想定のようです。

ガスにLZFを使用するようですが、ACMを親トークンとしてLZFの子トークンもボーナスとして還元される仕組みのようです。

取引所通貨ってだけで熱いですが、大きな流入を期待できるセレブリティトークンの基軸通貨という点がさらに注目かなと思います。

GCOXのホワイトペーパー

上記のボタンからのリンクに日本語翻訳語のホワイトペーパーを置いておきましたので、詳しくはこちらをご参照下さい。

当サイトの簡潔な説明では省いている部分が詳しく乗っていますので、目を通されるとより深く理解出来るかなと思います。

PundiXとの提携

これは僕もビックリ。
(写真はマイケルオーウェン氏がPundiXの端末X POSを持っている写真)

PundiXとGCOXが提携関係を結びました。

自分の価値観で選んだ物が提携されたりすると素直に嬉しいですね。

PundiXの紹介ページでで「オフラインでちゃんと活動している通貨は今後強い」と言いましたが、GCOXもその部類ですね。

PundiX 世界に広げる仮想通貨決済システムXPOSをご紹介

2018.05.21

で、実際に何が出来るようになるかと言うとPundiXでは仮想通貨をオフラインで販売出来る端末だと説明しましたが

GCOXで発行したセレブリティトークンをXPOS(PundiXのPOS端末)経由で、店頭で買えるようになります。

これって凄くない?

運営サイド

下記運営人は日本人にも馴染みがあって好材料ですね

JITホールディングスの創業者兼会長
TOMMIE GOH氏
JITホールディングスはビットコインやイーサリアムで
不動産が買えるサービスを始めたことで有名になった不動産会社です。

東京に支社があるようですので、興味がある方はぜひ突撃して来てください。

モバゲーでおなじみの”DeNa”のアジアパシフィックの会長もりてつや氏

上記2名以外にも日本では馴染みがないが金融関係での大御所がごろごろ居ます。

詳しくはホワイトペーパーを参照して下さい。

補足

プライベートセール等で購入した方に関しては、分割してトークンが届く「ロックアップ」スタイルでトークンが付与されます。

PundiXもそうだったんですが、ICO後の売り圧を軽減して緩やかにチャート推移させる手法ですね。

こういった所もリスクヘッジを感じ、僕は高評価です。

どこで買える?

プラベートセールで僕のような小物は普通に買えないので、Nowさんにお願いしてます。

Nowさん
当ブログのサブレギュラーですが、ICO枠の優良販売者です。

良い知り合いが居ない場合、Nowさんに依頼するのがベターだと思います

さ~て、今月のナウヒアさんは?

2018.05.08

どうしてもICO枠に参加したい人向け-優良ICO枠提供者-

2018.04.08

今回も当ブログ特典で特典を用意してくれましたので、Nowさんから購入される方は「SEEKERからの紹介」と申して頂くとお得です。
※こちら経由で購入希望と伝えて頂かないと特典はありませんのでご注意下さい

まとめ

近頃、Twitterでのフォロワーさんも増え、懇意にして頂く方も増えて色々な情報が回ってくるようになりました。とても嬉しい事です。僕の目標としては、キレイ事かもしれませんが関わって頂いた方が資産を形成出来る事を理想に掲げてサイト運営しております。

勿論汚い話、僕にも収益が入ってくる案件も勿論ありますが、僕の価値観でしっかり精査し(サイト運営も僕一人ですし)僕が納得いかない物に関しては掲載をお断りしています。

紹介した案件については、未来の予想は出来ても外れる事もあります。神ではありませんからね。ただ、僕自身が投機していたり、ちゃんと資金を入れて実践している物がほとんどですので痛い目見る時は共倒れです・・w

これからも有益な内容については随時募集していますので、掲載して欲しい内容や有益な情報、お仕事の依頼などはTwiiterよりDM頂ければと思います。

では、あでぃおす~

ブログランキング!ポチっとな




APIによる自動ポートフォリオ管理アプリ
WorldTrader

仮想通貨のポートフォリオを煩わしさ
取引の面倒さをクリアにする唯一のアプリ




Feedlyで無料購読

follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

仮想通貨で資産(43)を創り出しませんか?ビギナーでも全容を理解頂けるようにサイト運営を心がけています。取引所の開設から海外取引所への移行、オススメアプリの紹介やICOへの参加の仕方、レバレッジ取引などを日々解説して参ります。