TradingViewを半額で利用する裏技!Check it

まだやってないの?BITMEXの登録方法と使い方!リスク管理まで!中級者~上級者編

BITMEXとは?

 

100倍までレバレッジをかけられるハイレバレッジ仮想通貨トレードです。

例えば、BTCが90万円から100万円になった時1BTC保有していれば10万の利益ですが現物でそこまで軍資金を用意しない方はボラが凄いとは言えど利益にインパクトがないと思います。
(例:上記で0.1BTC保有だと1万の利益)

これがハイレバレッジにすると、0.1BTCで100倍の10BTCまでのポジションが持てます。
(上記の例に当てはめると1万利益×100=100万円の利益)

ハイレバレッジとは?
”てこ”という意味合いです。
少ない力をてこの原理で大きな力とするように、少額で大きな額のトレードを可能とする手法です。仮想通貨よりも為替のFXなどが有名ですね。

よって少額から一攫千金を実際やられてる方も多いですし、そういった方の情報を見てこちらに辿りついた方も多いかもしれません。

しかし、僕のポリシー的にも美味い話ばかりではなく「ちゃんとした戦い方をしないと」資金の溶けるスピードが尋常じゃないのでしっかりリスク管理をして欲しいと思います。

是非この後の記事を見て下さい。

で、レバ100倍が売りですが実際は100倍のレバレッジでポジションを持つなんて事はありません。
スプレッドとボラが凄く2秒でロスカット等あるからです。

ポジション?スプレッド?
ポジション”定位置を取る”という事。BTC90万円の買いでポジションを取ったらBTC100万で利確すると10万幅取れた事になります。
ポジションという言い方をするのは、チャートに点を取ると考えると分かりやすいかも。

スプレッドとは、売値と買値の差額の事を言います。業者によって、スプレッドは異なりますので業者のスプレッドを確認してみましょう。

さて、ハイレバレッジと聞くと”破産”や”借金”してしまうというイメージがあるかもしれません。
その原因は、ハイレバレッジなので損失にもテコがかかるという事と”追証”によるものです。

追証
追証というのは、証拠金が足りなくなった場合不足分を支払って下さい。というシステムです。国内取引所だとBitFlyerが追証システムであり読みが甘くポジションからチャートが逆行し極端な話1000万円マイナス!等になった場合きっちり請求されます。

追証は人生を滅ぼしかねません。(というか実際滅びてる方結構な数居ます)

そんな中BitMEXは追証無し。ゼロカットシステムです(証拠金維持率さえ越えなければ耐える)

例えば0.1BTCを元手にしたらそれ以上負ける事がない。ここが一番の強みですね。
追証がハイリスクハイリターンだとしたら、ゼロカットはミドルリスクハイリターンといった所でしょうか。

僕自体はレバレッジ取引苦手なので、暴落して底を感じたらロングでポジションを取るというEASYモードしかやりません。
ご自身でしっかりリスク/レバレッジ管理を出来る「中級者/上級者」にオススメです。

[aside type=”boader”]ロング?ショート?
買いポジションを持つ事が”ロング”、売りポジションを持つ事を”ショート”といいます
売りポジションとは、空売りをして買い直す事で決済するという手法です。[/aside]

BitMEXのメリットデメリットとは

メリット

① 100倍までレバレッジをかけられる(国内FXなどは25倍程度が多い)

② ゼロカット採用で追証がない(自分が決めた額以上損が出ない)

③ セキュリティが比較的しっかりしている
※ウォレットをコールド管理し1日一回しかオンラインにせず、創業者3名中2名の承認で出金の決済処理
※2段階認証も当たり前に設置

④ 日本語も対応していて見やすい

⑤ 比較的取引画面も軽いし、UIも軽い

⑥ 本人確認が不要(すぐに取引出来る)

デメリット

① 1日1回しか出金出来ない

② ハイレバレッジの取り扱いを間違えるとすぐに資金が溶ける

③ ポジションの両建て手法が物理的に出来ない

BitMEXの登録方法

BitMEX公式サイト

とりあえず上記リンクからご登録頂くと手数料が半年間割引で利用出来るのでお得です。

メール/設定したいPASS/国/名前を入力後「登録」ボタンを押す事で登録完了メールが来ますので、Verifyして準備は完了です。

さらにお得キャンペーン開催中

 

BitMEXで取引を始める準備

アカウントをクリックして入金を押します。

BTCのデポジット画面が出ますので、QRかアドレスをコピーして軍資金を送金して下さい。

着金まで
数分経つと、先ほどのアカウント画面にPendingで表示されます。
Completeになりましたら着金しましたので、取引開始出来ます

これで取引を始める準備は整いました。

注意
出金は一日一回22時までとなっておりますのでお気を付けください

BitMEXの取引画面の見方

① レバレッジ取引する通貨を選択します。(BTC以外はレバレッジ100倍とは限りません)

② 実際に指値で注文されている注文がこの板に並びます。取引において重要な指標の一つ。
  ※歯車マークで表示する金額の幅を設定出来ます

③ チャートです。右上の矢印クリック→別タブで開きますので線を引く事も可能です。

④ 注文画面。こちらから指値や成行注文を行います。

⑤ 指値が刺さった時や、成行注文した際にこちらにポジションが表示されます。

指値注文

今回は基本的によく使う注文方法を解説します。(もやは僕は指値と成行しか使ってません)

指値注文

現在の価格が8700$だったとして8500$になったら買いの注文(3000$分)を入れたいとしましょう。

上記のように入力を行い、買い/ロングをクリックしましょう。
ポジションに指値注文が並んだはずです。

これで現価格が8500$にタッチしたら指値が刺さり、実際に買いポジションを持つ事になります。
(初めの内は少額で操作に慣れましょう)

実際に注文した金額が「注文価格」に表示され、利用可能残高が下に表示されますので参考にしてレバレッジを決めてください。

例えば
例えば0.1XBT持っていて50倍のレバレッジで取引したい場合は注文価格が50XBTになるように数量と指値を調整してください。
※エラーが出る場合はめいっぱいの設定にせず、少し注文価格を下げてみてください

ちなみに、指値で注文する場合Makerといって逆に手数料を受け取れます

指値の板がこのレバレッジ取引のベースとなりますので、板を創る方が必須という事で手数料が逆に貰えるようになっていますので急いでいる場合を除いては指値注文がお得です。

成行注文

タブを成行に選択して数量を買いたい額入力します。

成行買いをクリックで買いポジション/売りで売りポジションを持つ事が出来ます。
ここで注文価格が表示されますので、指値の時と同じように数量でレバレッジを調整して注文します。

大体ファンダ的な理由で急いで注文する時は成行で行う事が多いですね。
(あと面倒くさいから早くポジション持ちたいとき)

手数料
Makerではないので、ポジションを開く時、閉じる時で手数料が掛かります。

手数料割引でBitMEXを始める

 

レバレッジの手動管理

カラフルなスライダーがある部分ですが、一番左に合わせるとCross Marginという保有額すべて証拠金維持に使う設定になります。

スライダーでパーセンテージを設定するとその設定した分だけ証拠金維持に使われる事になります。証拠金維持が出来ないとロスカットといって設定した軍資金を失う事に。

例えば1BTC軍資金があって50%に設定すると0.5BTCを使って取引を行うよという事ですね。
CrossMarginだと100%なので1BTCで取引を行います。

ここは好みですが、証拠金を多く取って証拠金維持率をしっかり管理しないと負けます。普通に。

僕はCrossMargin一択で取引してます。

なぜ負けるか?
欲を大爆発させて、レバレッジを利かせすぎて証拠金めいっぱいにすると少々のチャート逆行でロスカットを食らいます。ある程度余裕を持った証拠金管理しないと10万~20万幅がざらに動くBTC取引は案外簡単にロスカットしてしまいみるみる資産が溶けます。

余裕を持ったレバレッジと証拠金管理で勝ち筋を見つけ、その勝ち筋から最適化出来る証拠金管理をシュミレーションして挑むと良いです

最大レバレッジ100倍のBitMEXまとめ

何度も言いますが、自分のメンタル的にリスクや資金管理/レバレッジ管理出来る人しかお勧め出来ません。

しかし、レバレッジ取引を行うならゼロカットがあるBitMEXが断然いいです。

これは海外為替のFXやる時でも同じ。追証がある物は避けた方が賢いと思います。近頃はBOTもBitMEXに対応してきている物も増えてきましたし大きなトレンドのないレンジ相場でこそレバレッジ取引が活きてきます。

のめり込みすぎないように「ここは勝てる」と誰でも思う場面があります。そこで大きくエントリーするのも手ですよね。

ではあでぃおす~

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です