まさかのラウンド2?BITINDIAの投票は続きがあったらしい。

BITINDIAの投票って?

推し銘柄を上場させる投票戦

 

BITINDIAというローンチ前の取引所に上場させる銘柄を100銘柄から投票数が多かった銘柄を上場させる「はず」でした

 

正式に言うと、First Roundと最初から表記があったので「香っては」いたようですが・・・

投票終了!上場確定か?

無事ホルダーの頑張りのお陰で5位以内に入った銘柄からは歓喜の声が見て取れます。

それにしてもホルダーの投票でここまで投票されるって凄いですよね。ここにリストインしてる銘柄はウォッチしておいても良さそうです。

公式から唐突にROUND2の発表

 

最初は僕も何が何だかわからず放心してしまいました(ハナホジ)

しかもROUND2のリストアップが5個ではなく12個

公式テレグラム(いわゆる公式のディスコード等に似た海外インフラ)もありますが、みんなブチギレ

公式からの発表はこう

BITINDIA
(SEEKER的翻訳)

◆ 今回の投票はボットで投票したりの不正が多かったんだよ。ただ、不正票の中にも正規票が混じってる訳なんだ。公平にするために有望な12個をリストアップしてROUND2を行う事にしたよ

◆ 一応これ今回の投票戦のFINALの予定だよ これ以外にも上場投票は今後も行っていくよ(今回の事ではない)

◆ 今回の5位に入ったのは無意味?そんな事はないよ!ただ今は言えないからアナウンスを待ってよ

現時点ではこんな感じですね。

ROUND2の詳細は追って発表されると思います。

今回の事からそれぞれ何を考えるか

今回の事から分かる事実として

 

① BOTでの投票を防ぐ事を最初から想定していなかった or 想定してはいたが対策するに至らなかった

② その結果、当初は上位5位を上場と言っていたが12個をリストして再投票するという形にノンアナウンスで変更された

これを踏まえて、現状の仮想通貨のインフラ設備と説く。その心は?

ローンチ前からGOXの危険性を垣間見た(個人的意見です)

ROUND2は実際開催されると思いますし、実際始まったら僕も再度投票するでしょう。ただ、日本人の性からすると大きな場面で手のひらクルーする人ってなかなか信用出来ませんよね。

ROUND2の投票は個人それぞれの価値観で行うのが良いと思います。
(ROUND1の時点で自分の意思ですが)

個人的に推し銘柄の今後を考えてみた

これは賛否両論だと思いますが、僕の推し銘柄についての考え方です。

推し銘柄にとって、セキリュティの甘い取引所に上場。そして万が一にもGOXしてしまった場合。(取引所GOXなのか、銘柄GOXなのかはさておき)

取引所の信用+その銘柄の信用もついでに落ちると思います。
(最近のNEMとかNANOの界隈の反応と世間の反応がいい例)

それは、地盤を固めながらしっかり価値を上げられるように頑張っているプロダクトからするとノイズでは?というのが僕の意見です。

僕の推し銘柄は、モデレーターも言っている通り「一つの取引所への上場で左右されるような脆弱な基盤を目指している訳ではありません」という事でその通りかなと。

短期的なトレンドを作り例えば1円で上下したり、0.0001円まで下がったり等をするよりも、長期的なトレンドを視野に入れて着実に底を上げて時間が掛かっても最高値を更新できるプロダクトにみんなで育てる。

僕は後者の方が好きですしワクワクします。かつ最終的に儲けも大きいんじゃないかなと思っています。(あくまで個人的感想)

BITINDIAの投票ラウンド2についてのまとめ

1時間前ぐらいの出来事なので、サクっと記事に起こしてみました。違う情報などあれば修正しますのでご連絡頂くと有難いです。(正しい情報を発信したいので)

では最後に

https://twitter.com/bitcoinseeker/status/963023572565336064

あでぃおす~

 

ブログランキング!ポチっとな




APIによる自動ポートフォリオ管理アプリ
WorldTrader

仮想通貨のポートフォリオを煩わしさ
取引の面倒さをクリアにする唯一のアプリ




Feedlyで無料購読

follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

仮想通貨で資産(43)を創り出しませんか?ビギナーでも全容を理解頂けるようにサイト運営を心がけています。取引所の開設から海外取引所への移行、オススメアプリの紹介やICOへの参加の仕方、レバレッジ取引などを日々解説して参ります。