AirDrop(エアドロップ)って何?仮想通貨を無料で手に入れよう

さて、AirDrop(エアドロップ)の記事を書こうと思ってはや3か月の時が経ったシーカーです。

ここは精神と時の部屋なんだ。次元を超えたらまだ3日しか経ってないんだ・・・(錯乱)

という事で、ようやくAirDrop(エアドロップ)について基本的な事から説明していこうと思います。

AirDrop(エアドロップ)ってなんぞや?AirDrop(エアドロップ)のマスターとはワシの事よという方まで

ゆっくり楽しんでいってください。

AirDrop(エアドロップ)とは

AirDrop(エアドロップ)とは仮想通貨に置ける、プロモーションで仮想通貨やトークンを無料配布をする事。

分かりやすく言うとコレにつきます。

これからICOしたり、今後需要を上げていきたいから、先に賄賂渡しておくね!そんな感じ。

レッドブルガールズ
仮想通貨以外でも日々Airdrop(エアードロップ)は行われてますね。レッドブルを無料で配ってくれるガールズの方達や、極論ティッシュもエアドロップみたいなもんじゃない?

ただ、プロモーションで仮想通貨やトークンを配る訳だから「今後お客さんになってほしい」からこその配布。

なので、TelegramやTwitter、FacebookなどのSNS登録が必要でRTや宣伝のTweetをする事が条件だったりします。

イーサリアム系のAirDrop(エアードロップ)だったらイーサアドレスも必要になりますね。

AirDrop(エアードロップ)はどれだけ儲かるの?

汚い話そこですよね(下衆)

AirDropを主として活動してる人も結構多いんですが、無料で貰えてそこそこ値が付く物が数か月に一回現れるんですよね。

最たる例がこれ

 

近頃タイムラインでも目にする$ONT

エアードロップ1000トークン配られていたようですが、エアードロップ分のみで1BTC(約100万円)

無料であなたに100万円あげます!あなたは受け取ってくれるだけでいいんです!

がリアルになりました。大いに草ですね。

こういう所からエアードロップは再熱してると思います。というか、再熱するに値するAirDrop銘柄がやっぱりコンスタントに現れるんですよね。

最近だと$REBLなんかも一時期高値をつけてましたし、宝探しの感覚もAirDropならではの楽しみになります。

AirDrop(エアードロップ)の準備

AirDrop(エアードロップ)には先に言った通り、無料で貰うにも条件があるのである程度準備が必要です。

これまた仮想通貨の闇の部分ですがSCAM(詐欺)も横行しているのが事実です。

リスト集めや、イーサリアムアドレスを入手して悪い事考えたりしてる人も居る。
という事でリスクヘッジも踏まえた準備が下記。

① エアードロップ用のメールアドレスを用意
(間違っても取引所使いのアドレス使わないように)

② エアードロップ用イーサリアムアドレスも念のため
(MEWかMETAMASKが妥当でしょう)

③ Twitter
これは普段使いでもいいかもですがAPI認証のあるものだと乗っ取りの心配があれば
普段の物とは別のアカウントの方が良いかもしれませんね

④ Discord
大人数ようなチャットツールみたいなものですね。
これも条件の所がありますので、アカウントは作成しておきましょう

⑤ Telegram
海外の主流の連絡ツールがTelegram
Telegram加入はほぼどんなAirDropでも条件の事が多いです

上記を準備してAirDropに参加しましょう。

AirDropの情報

 

先の闇の話もそうですが、AirDrop(エアードロップ)って基本的に「絶対配布」はないです。

「貰えるって言ったじゃあああん!」とゴネる事は無料ですが、ゴネた結果塩対応される事もザラ

そんな厳しい世界なんですね。

なので、数打てば宝にHITするでしょ的なやり口の方が多いです。

ただ、その情報源は皆どこで探してるんでしょうか?

AirDropのまとめサイト

こういったまとめサイトでしらみつぶしにアタックしたり

AirDropをまとめているTwitterer

 

ちょくちょく当BLOGにもご登場頂く、サブレギュラーのHAYATAさんです。

元々AirDropに関して自信がアルアル!の方ですので、分かりやすい情報ソースで流れてきます。

 

当ブログを購読して頂いていると話がありましたXさん。

最近プレゼント企画にあたるぞをご利用頂いてる事から絡みがあってフォローさせて貰ったんですが、最新のエアドロ情報がTLに流れてくるのは非常に有意義ですね。

あとは普通にTwitterで「AirDrop」で検索して自分に合った優良情報提供者を見つけるのも手ですね。

やり方は無限大

この情報社会ですからグーグルで検索しまくっただけでもAirDropperとしてはすぐに詳しくなれるでしょう。

AirDrop(エアードロップ)に関しては、特に継続した細やかな作業が求められますので、まめな人が特に向いているかも。

AirDropの危険性

何回も言ってるように、AirDropは危険もあります。

タダが一番怖い。そう、年を重ねるごとに人間は言うようになるのです。

いわゆる個人情報を渡してマーケティングに使われる代わりに貰う形なので、悪用されると最悪ハッキングの対象になる場合もあるし

リストを横流しされて悪い集団のこやしになりかねません。

上記がエアードロップ専用の準備が必要だと言った理由です。

油断してるとやられるし、やられてからでは遅いよ?

警察も動くのは「何か起こってから」未然に防ぐのが賢者です。

言うて面倒くさいよ!!

言うて面倒くさい。

これが一番のAirDropにおける敵です。

簡単な手順を踏めば、無料で貰えるのに面倒くさい。やらない。

そんな方にコレ見つけました。

サクサク自動化されたエアドロ一括サイトTOKENDROPS

このTokenDropsは簡潔に言うと、Twitterやイーサアドレスなどをプロフィールに登録してイーサリアムトークンベースで開催中のエアドロをまとめたページでサクサク申請をこなしていく神サイトです。

こんな感じでOngoingから進めば開催中のAirDropに簡易的な操作でたどり着け、詳細とやるべき事がボタンで用意されてます。

例えばTelegram登録ならボタンがあるので、クリックしてそのテレグラムに参加すれば完了

マイページ行けば参加済みのエアードロップが一目瞭然です。

SCAMの可能性は?
ただ、僕もまだ実際にトークンが届いていないのでまだSCAMじゃないとは言い切れません。

僕も調べてある程度信頼出来そうかと思ったのはICO BenchというICOの格付けサイトと運営が一緒という点ですね。

もししっかりトークンが付与された方が居たらご一報下さい

国産トークンのエアードロップで攻める

 

一時TLにめちゃめちゃ出回った国産のエアードロップです。

KanadeCoin。なぜ流行ったかというとそこそこしっかりとしたサイトの作りで、リファラル報酬が凄かったからですね。

 

1satoshiから急激に伸びた国産コインのNanjも最初はエアードロップから始まってました。

この他にも、現状大量に国産のエアードロップが溢れて来ています。
いくら国産でもSCAMっぽいのはあるので、自分の目で見極める事も大事です。

言うて面倒くさいんだよ!!!Part2

 

僕がもはや一番苦手なんですよね。マメな作業継続するの・・・

なので、エアードロップ代行というビジネスにしないか?と考えてみました。

上記の通り、やっぱり需要はあるみたいなのでやってみようず!って仲間が集まれば動いてみようと思っています。

というか実現できる人が居るなら作ってもらって僕はお客さんで全然構わないんですが

どうせやるなら人数居た方が楽だと思うので、ぜひお声がけ下さい。

構想としては、開発の方とインターフェースを開発して月額課金制でエアードロップを代行して末日に支払い。

成果報酬ですね。

NOTEやCAMPFIREでのサービス販売にしようかと考えてます。

AirDrop(エアードロップ)まとめ

いかがでしたでしょうか?

鼓膜破れて意気消沈したり、本業で辛い環境でしたのでブログ小休止して復帰一発目だったのでちょっとだけ気合入れて書きました。

ネタ自体はすごく溜まってるので、これからどんどん記事化します~

では、あでぃおす~

ブログランキング!ポチっとな




APIによる自動ポートフォリオ管理アプリ
WorldTrader

仮想通貨のポートフォリオを煩わしさ
取引の面倒さをクリアにする唯一のアプリ




Feedlyで無料購読

follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

仮想通貨で資産(43)を創り出しませんか?ビギナーでも全容を理解頂けるようにサイト運営を心がけています。取引所の開設から海外取引所への移行、オススメアプリの紹介やICOへの参加の仕方、レバレッジ取引などを日々解説して参ります。